新着通知| ▫️2024/04/23 関西万博開催1年前イベントに行ったよ!更新!NEW✨

維新の会 関本まさき 出陣式

Jun
Jun

本日から、2023年県議会議員選挙期間中の出来事をスタッフ目線でお送りします。

 

2023/3/31 出陣式がありました。

 

 

Jun
Jun

え?出陣式て何?

ちなみに私はMOSA活動が初めての選挙活動なので、何がなんだかさっぱりわからんデフォルト人間でした。

歴史オタクを自認する私は桶狭間の戦いに挑んだ時の織田信長を彷彿とさせるその【出陣式】たる言葉に、物々しい気配を感じました。

みなのもの❗️出陣じゃー❗️心してかかれー❗️。

的な?

とりあえずJR大和小泉駅前に朝、集合とのことなので行ったら続々と関係者らしき人が集まってくる。

これが…現代の出陣式の始まりなのか…!

流石にお供物の鯛の丸焼きとかはない。

駅前の広場で関本まさき氏とその関係者達が忙しそうに準備を始めている。

Jun
Jun

この旗が無いとダメというルールがあるのですね。はいはいなるほど。

おお!関本まさき氏がタスキをかけた。これは一般人には体験できないなあ。

タスキをかけた関本氏は、まさに立候補者。維新のジャケットを羽織り、出陣への気合いバッチリです。

日本維新の会公認、奈良県議会議員候補、関本まさきの準備が整いました。

Jun
Jun

正直、支持しない政党ははっきりしていたけど、支持する政党は明確じゃなかったんですよね。今回流れで維新の関本氏を応援したけど、結果から言うと良かったと思っているんです。(※個人の感想です)

さて、出陣式は始まりました。まず、応援していただく方々からのメッセージを受けます。皆さん知っていましたか?選挙カーでグルグル回る前にこういう儀式が行われているということを。

 

維新の会しもじあつし氏の挨拶。チェンジ・チャレンジ・シモジ!の三拍子が彼のキャッチフレーズ。変える・挑戦する、って良いですよね。

関本氏の足元の靴が眩いです。維新カラーの靴。この選挙活動でどれほどその靴が汚れるだろう。擦り切れるだろう。でもその眩い靴を見て、関本氏の意気込みは痛いほど伝わってきました。

一通り、街頭演説が終わり、出陣式の要?である『頑張ろう!』コールの時間となりました。皆さんご一緒に。『頑張ろう!』『頑張ろう!』✖️3唱!

『頑張ろう!』

 

 

『頑張ろうー!!』

 

Jun
Jun

いやあ〜、いよいよ選挙始まりますって感じですね!

ああ、もちろん私も大きな声で絶叫しましたよ!

 

頑張ろう❗️頑張ろうー❗️頑張ろうー❗️❗️

私としては初対面の、関本まさき選挙カー。

Jun
Jun

豆知識:軽バンタイプのこんな感じの選挙カー、高さはなんと3mもあります❗️(だからなんやねん)

お美しいウグイス嬢さんお二人を共に、運転手と関本まさきは今期選挙戦初の選挙カー出動となりました。ちなみにウグイス嬢さんたちマジでプロです。最後まで戦い切ったウグイスさんたちの奮闘を私は陰ながら見ていましたが、過酷です。なのにマイク握ったら超プロです。私にゃ到底真似できないと思った次第です。

 

関本まさき、街宣車に乗る。

 

この街宣車は雨の日も、風の日も、街中をぐるぐる回っていました。

街宣車や街頭演説が迷惑だ、昼寝の邪魔だ、という人も少なくありません。(SNSとかでこの時期よく見るクレーム。)

でも、

Jun
Jun

しゃあないやん。

選挙期間というのはかなり厳しく設けられていて、その期間中に出馬した人の政策などを県民・市民・町民・村民に伝えねばならんのです。

言わずもがな、<迷惑>と思う方は政治に興味がないのでしょう。

興味をそそらせない政治にも責任はあるのかもしれない。

でも私がこの選挙期間で痛感したことの、学んだことの一つは、【選挙はヒトゴトじゃない】ということです。

自分の経験をもとにしてしまい手前味噌ですが、やはり福祉や教育、社会の在り方で「もっとこうなって欲しい」「こういう社会ならもっと生きていきやすいのに」という思いがあるのなら、変えていくべきなんだと思うんです。その意見は尊重されるべきなんです。変えるために、議員がいる、そういう事なんだと思うんです。

議員は自分の利益の事ばかり考えていて政策なんて理想ばかりで実現したためしがないじゃないか、と思う方もおられるでしょう。議会も居眠りしたり隣の議員と話したり、やる気あんのかこら、と思う姿もいやというほど見せられてきた人は多いと思う。

税金使って私腹肥やしてふんぞり返ってる役立たずという先入観は、さもありなん。と思います。

 

Jun
Jun

で、実際そういう人多いですよね。

だからこそ、国民、市民の心が政治から離れていく。我関せず。昼寝の邪魔じゃ、となる。でも、国民が、市民が放っておいたら、そういうダメダメな政治家ばっかりが好き勝手するようなカオスが生まれる気がするんです。

選挙は市民のチャンスだと、思うようになりました。そりゃ街頭演説で言ってはるのは理想論かもしれない。当選さえすればウハウハな議員もいるかもしれない。

 

Jun
Jun

でも、一生懸命演説をしてそれを遂行することを本心で思っている人、また、掲げた目標を着実に行動化できる人も、その薄汚れた政治界の中にも居る

ということを知っている人がどれくらい居るかな?と思うんです。

街頭演説などで偉そうなこと言っていて気に食わない場合は、そこに議員がいたら直接(穏やかに)聞いてみればいいんです。

「あなたに何がわかるんですか?」

「どうやって、実現させるつもりですか?」

と。

その時点で、政治はあなたにとって身近な存在になります。嘘八百の議員はしどろもどろになるかも知れない。でも信念と根拠がある議員なら誠実に対応してくれるでしょう。

多分ですけど、議員も質問されるのは嬉しいんじゃないかなと推測します。

 

Jun
Jun

オット、私の感想が長くなってしもた。

そんな感じで、選挙戦初日は【出陣式】たるもので始まり、関本まさき氏は街宣車で出発しました。

それから9日間、街宣車と共に関本まさき氏の選挙戦は進みました。

 

 

 

ちなみに最後の写真のQRコードは、このHPへのリンクです(笑)選挙カーの両サイドと後ろに貼ってます。どれくらいの人が読み込んでくれたかは未知ですが、確かに謎のQRコードではありますね(笑)

 

Jun
Jun

というわけでして、選挙戦初日の紹介をしました。

次回は、【じゃあ街に出ていない時、選挙期間中の候補者はどんな感じだったか?】
を書こうか…と思ってますが、内容は変更する可能性もあります。

選挙時の演説がうるさーい❗️と思う方は、合わせてこの記事も是非、読んでみてください。

➡︎談話with Masaki Sekimoto vol.2 【政治・選挙ってなんなん編】

コメント

タイトルとURLをコピーしました